大阪出身のシンガーソングライター、ヒサ絵さん。

その妖艶な風貌と、ベテランならではの重厚なパフォーマンスから、大阪の音楽界では一目置かれているアーティストさんです。

彼女の楽曲のメインは、ギター。

その佇まいを余すところなく、大人の色気満載のギターサウンドで人々を魅了します。

代表曲『祈り』や『忘れてもいいよ』などでその実力は折り紙付き!

特に『忘れてもいいよ』は2019年1月現在は音源化されていませんが、フリーライブで幾度となく披露され、オーディエンスからCD化の要望が殺到した超人気曲となっています!

また、1000枚限定で販売されたファーストアルバムの『恋慕』は、中古品で20,000円以上のプレミアがつくほど入手困難なCDとなっています。

ヒサ絵さんの実力はこれだけではありません!

箱ライブでは、同じ大阪の男性フォークデュオ『andRE』のキタオヒ◇ユキさんをサポートに従え、ハンドマイクでしっとりとした楽曲を披露!

それだけではなく、『蛇 Heavy Baby』、『』、『恋のドロボー3210!!』などのロック調の楽曲で一味違ったヒサ絵ワールドを展開していきます。

2009年のインディーズデビューから大阪で着実に実力をつけてきたヒサ絵さん。

今や、大阪ではヒサ絵さんの名を知らない人は居ません!

その噂はもちろん名古屋でも飛び火していき、名古屋でも知名度抜群のアーティストとしてインディーズ界に君臨しています。

まさに『インディーズ界の女王様』という異名をほしいままに活躍しているヒサ絵さん。

彼女に憧れてインディーズデビューを飾った、アーティストの原石も多数いらっしゃいます。

まさに大人の魅力がギュッと詰まったアーティストさんであるヒサ絵さん。

彼女をギター女子という括りで捉えるのはもったいないです!

大阪のアーティストさんが一目置くのは、そのギターだけでなく、彼女の歌声に憧れの要素がたっぷり詰まっていることは言うまでもありません。

ヒサ絵さんはまさに、大阪が生んだ次世代エンターティナー!

ほっこり笑えるMC、インストアライブで魅せるゆったりしたギター、箱ライブで魅せる妖艶大人ロック…

ヒサ絵さんの艶やかなパフォーマンスに、今宵もお酒が進むことは間違いありません!


スポンサーリンク