千葉県船橋市出身のピアノ引き語りシンガーソングライター、高橋涼子さん

その、ほっこりとした佇まいで今や老若男女に大人気の歌のお姉さんです。

高橋涼子さんは2011年、音楽事務所「rapport(ラポール)」からデビュー。

この頃から既に全国を渡り歩きながらその実力を磨いていきました。

そして、2016年満を持して音楽事務所から独立し、フリーでの活動を開始!

これまで培ってきた実力を更に磨き、今や全国区のピアノアーティストとして名を馳せています。

NHKの朝の番組「あさイチ」にも出演し披露された楽曲「ホン・ホン・ホンビノス♪」は、放送されるや瞬く間に全国ネットのTV番組で次々と紹介されるほどの人気の楽曲に!

そのキャッチーなメロディと、あまり馴染みのなかったホンビノス貝のPRとが相まって一躍全国区のトップアーティストへと登りつめました。

そんな彼女は、自他共に認める乗り鉄としても有名です!

中でも路面電車が大好きな彼女。

路面電車が好き過ぎて作られた楽曲「路面電車走れば」は、しっとりとした楽曲ながらも路面電車の魅力がふんだんに詰まった1曲となっています。

そして地元、千葉県船橋市をこよなく愛する高橋涼子さん。

そんな彼女が船橋の鉄道の魅力を余すところ無く紹介した「ふなばしの電車~Let’s Go!35駅~」は、Youtubeでも大人気の楽曲!

まさに「好き!」を歌に表現した彼女は、ライブの場では屈託の無い笑顔を振りまき、複雑にこんがらがった現代社会に笑顔を届けるアーティストとして活動しています。

キャッチーな楽曲からしっかりと歌い上げる楽曲まで・・・

高橋涼子さんの楽曲には、現代の日本人が忘れかけている和のテイストが随所に盛り込まれています。

彼女の織り成す楽曲、そして笑顔いっぱいのパフォーマンスはまさに和の癒し

日本の文化をこよなく愛する彼女は、地元である船橋の魅力、大好きな鉄道の魅力、そして古き良き日本の魅力を発信する希代のインフルエンサーとして各地を東奔西走しています。

現代の疲れきった日本には、まさに高橋涼子さんのような癒しが必要なのかもしれません。

今宵あなたもチョット立ち止まって、和の癒しに心和ませてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク